バスケットボール女子、Wリーグのシャンソン化粧品は23日、試合の判定をめぐって主審を務めた男性審判員に約3千万円の損害賠償などを求めた静岡地裁への提訴を、同日付で取り下げた。代理人の御宿哲也弁護士が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)