バスケットボール女子のWリーグは16日、レギュラーシーズンの表彰選手を発表し、MVP(最優秀選手)にはJX―ENEOSの渡嘉敷来夢が選出された。2年連続3度目の受賞。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)