バスケットボールの全日本総合選手権最終日は11日、東京・国立代々木競技場で男子の決勝が行われ、アイシン三河が初優勝を狙ったリンク栃木を89―73で下し、5大会ぶり9度目の優勝を決めた。アイシン三河は4...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)