バスケットボール女子のリオデジャネイロ五輪予選を兼ねたアジア選手権(29日開幕・武漢=中国)を控える日本代表が24日、エースの渡嘉敷来夢(シアトル・ストーム)が合流して初の練習を東京都内で公開した。渡嘉敷は「後はやるだけ。考えている時間はない」と決意を語った。

 この日は「15ぐらいあるんじゃないか」という攻撃のフォーメーション練習を入念に行った。チームに合流したばかりで「覚えることがたくさんあって大変」と苦笑い。それでもチーム写真の撮影中には仲間と談笑するなど、持ち前の明るさですぐに溶け込んでいる様子だった。