近畿6府県を舞台とする全国高校総体(インターハイ)は28日、和歌山市の和歌山ビッグホエールで総合開会式が行われ、開幕した。兵庫県の洲本市文化体育館で相撲が始まり、個人で2連覇を狙う城山聖羅(石川・金沢工)が予選を突破。深井拓斗(石川・金沢工)、大相撲の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)の長男、鎌谷将且(埼玉栄)ら有力選手も順当に勝ち上がった。

 29日には高校横綱が決まり、陸上、バスケットボールなども競技を開始する。