東京六大学野球春季リーグは16日、神宮球場で行われ、法大の単独最多となる3季ぶり46度目の優勝が決まった。慶大を7―4で破って4戦4勝とし、続く試合で立大が早大に0―4で敗れて2敗となった。4勝1敗...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 野球TOPへ