東京六大学野球春季リーグ(10日開幕・神宮)に向けて各校の監督と主将が7日、オンラインで記者会見した。連覇が懸かる慶大の堀井哲也新監督は「短期決戦の鉄則である投手を中心とした守備力、7日で5試合を戦...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 野球TOPへ