東京六大学野球リーグ第7週第2日は21日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、立大が明大に9―2で勝って1勝1敗とし、1999年秋以来となる優勝に望みをつないだ。明大と法大は優勝の可能性が消えた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 野球TOPへ