日米大学野球選手権は15日、東京・神宮球場で第3戦が行われ、日本は米国に0―1で初黒星を喫し、通算2勝1敗となった。日本は東大から33年ぶりに代表に選ばれた宮台が初登板で先発したが制球が定まらず、1...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)