東京六大学野球リーグの慶応大で監督を務めた前田祐吉(まえだ・ゆうきち)氏が7日午後、肺炎のため川崎市の病院で死去した。85歳。高知市出身。葬儀・告別式は16日午前9時半から東京都品川区西五反田5の3...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)