東都大学野球リーグ第7週第3日は16日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、春秋連覇を狙う専大が中大を10―2で下し2勝1敗として勝ち点3で首位に立った。 専大は福田晃の先制本塁打、重野の3安打5打点な...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)