【ニューヨーク共同】米プロバスケットボール、NBAは1日、フリーエージェント(FA)選手の交渉解禁を迎え、今年のNBA決勝で敗れたキャバリアーズの主力、ケビン・ラブが5年総額1億1千万ドル(約135億円)でチームに残留することで合意した。AP通信などが報じた。  ラブの同僚のレブロン・ジェームズも自身に選択権がある来季契約を破棄してFAになったが、移籍の可能性は低く、契約を結び直して残留すると見られている。