初出場で勝った雄踏スポーツ少年団(静岡)の栗田は珍しい左の捕手。主将で4番を打っており、文字通りチームの「要の存在」である。打では貴重な3点目をたたき出し、守りでは曽布川をリードして1失点完投に導いた。 栗田は「投手のいいところを引き出すことを心掛けている。4年から捕手をやっているが、左での違和感はない。中学ぐらいまでは捕手をやりたい」と話した。 高橋監督は「最初はなかなか盗塁を刺せなかったが、6年生になり不安はなくなった。左打者が多いし、二塁送球に支障はない」と頼もしそうだった。(神宮)