「小学生の甲子園」高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント最終日13日、東京・大田スタジアムで決勝が行われ、長曽根ストロングス(大阪)がサヨナラ勝ちと斉藤海聖(さいとう・かざと)の完全試合で劇的な優勝を決めた。長曽根は小野東スポーツ少年団(兵庫)を1―0で下し2度目の2連覇、自己が持つ最多優勝回数を更新する6度目V。完全試合は記録が残る第10回大会以降では昨年の南部(山梨)の遠藤以来、史上2人目で、決勝戦では初の快挙だった。 斉藤は制球力が抜群で1三振、12飛球(1三直含む)と8ゴロアウトで4試合連続完封だった。決勝点は七回2死一、二塁から京井が左中間二塁打した。