初出場の小野東スポーツ少年団(兵庫)が激戦を制して決勝進出を決めた。 序盤に挙げた3点を追い付かれ特別延長に入った八回は富士見台ウルフ少年ク(神奈川)に3点を奪われた。ここから底力を発揮して4点を奪い逆転サヨナラ勝ち。貴重な同点2点二塁打したエース常深は「投げる方でよくなかったので、開き直って打った」と、ほっとした様子。 園田監督は強豪の長曽根ストロングスとの決勝について「長曽根さんにはいろいろ教えてもらってきた。今大会も宿や練習グラウンドのお世話までいただいた。勝って恩返ししたい」と話した。