「キャッチボールクラシック」は手軽に野球に親しんでもらおうと、プロ野球選手会が2011年から全国各地で開催している。「キャッチボールクラシック2016 in 全日本学童軟式野球大会」(全日本軟式野球連盟、日本プロ野球選手会共催)が7日、全日本学童軟式野球大会開会式の後、神宮球場に隣接する軟式野球場で36チームが参加して行われ、不動パイレーツ(東京)が優勝した。 1チーム9人が4、5人に分かれ7メートルの距離で順番にキャッチボールを2分間繰り返し、その回数を競った。不動パイレーツは決勝戦で114回で1位。113回の国分南スポーツ少年団(鹿児島)が2位、111回の岡山庭瀬シャークス(岡山)が3位となった。