日本大アメリカンフットボール部を悪質反則問題から再建した橋詰功監督(57)が8月末で退任することが18日、複数の関係者への取材で分かった。契約期間は今年8月までの3年で、橋詰監督は指導継続の希望を持...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) アメフットTOPへ