日本大アメリカンフットボール部による悪質な反則問題を調査している日大の第三者委員会は29日、東京都内で中間報告を発表し、守備選手の危険なタックルについて内田正人前監督、井上奨前コーチの指示で行われた...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) アメフットTOPへ