悪質な反則問題があったアメリカンフットボール部の新しい監督とコーチを公募した日本大に対し、米国人を含む10人以上の応募があったことが28日、大学関係者の話で分かった。日大は選考委員会のメンバーを固め...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) アメフットTOPへ