関東学生アメリカンフットボール連盟が13日に東京都内で開いた理事会で、悪質な反則問題によって公式試合の出場資格を停止されている日本大が処分の早期解除を受ける可能性を想定し、日大を入れて今秋のリーグ戦...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) アメフットTOPへ