アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、スポーツ庁の鈴木大地長官は20日、日大の内田正人監督が辞任を表明したことを受け「辞意よりも、われわれは危険なタ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) アメフットTOPへ