アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で、日大選手が悪質な反則行為をした問題で、日本協会の国吉誠会長らが15日、スポーツ庁を訪問し、問題の経緯などを報告した。会合終了後、取材に応じた国吉...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) アメフットTOPへ