日本アメリカンフットボール協会は5日、東京ドームで3日に行われた日本選手権「第69回ライスボウル」の第4クオーター残り7秒で立命館大が同点を狙ったFGに失敗した場面で、守備側のパナソニックの反則を見...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)