2017年のPGAプロテスト合格者のみが出場する「第19回日本プロゴルフ新人選手権大会 房総カントリーカップ」が、千葉県の房総カントリークラブ房総ゴルフ場 東コースにて2日間の日程で行われた。その最終日、2016年「日本学生ゴルフ選手権」覇者の阿久津未来也がスコアを2つ伸ばし、トータル3アンダー首位タイでフィニッシュ。同じくトップでホールアウトした村山駿、増田将光の2人をプレーオフで退け、ルーキーたちの頂点に立った。

【連続写真】ドライバーに悩む石川遼 問題は右サイドに?
1打差の4位タイに永澤翔、梶村夕貴、松本将汰、2打差7位タイに松村大輝ら3人が入った。また、昨年のチャレンジツアー「ISPSハンダグローバルチャレンジカップ」でプロ初勝利を挙げている松原大輔は、この日もスコアを伸ばせず、2オーバー16位タイで大会を終えている。

なお、優勝した阿久津には2018年の5月に開催される「日本プロゴルフ選手権大会」の出場権が与えられた。

【最終結果】
優勝:阿久津未来也(-3)※プレーオフ
2位T:村山駿(-3)
2位T:増田将光(-3)
4位T:永澤翔(-2)
4位T:梶村夕貴(-2)
4位T:松本将汰(-2)
7位T:松村大輝(-1)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>