21日(木)、都内のホテルにて日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)の懇親パーティが行われ、その中で本年度の『GTPAルーキー・オブ・ザ・イヤー』の表彰式が行われた。

【関連】永井花奈 涙、涙の初優勝
男子ではイム・ソンジェ(韓国)、女子では森田遥、畑岡奈紗、永井花奈、川岸史果の計5選手が新人賞に選出された。川岸以外の4選手が表彰式に出席し、森田は「一生に一度の賞なので嬉しいです」と今回の受賞を喜び、来季については「今年の自分を超えられるよう頑張ります」と力強く話した。

この賞は宮里藍や横峯さくら、古閑美保らも受賞してきた名誉あるもの。畑岡は「今もトッププレーヤーとして活躍している皆さんのように、私も長くトップで戦える選手になりたい」と気を引き締めていた。来季は米国で2年目の戦いとなるが「アメリカで優勝したい」と宣言。年明けまでは日本で過ごし、東京ディズニーランドへ友人らと行くなど楽しみもあるが、来年の1月26日には米女子ツアーが開幕する。「時間がないので、元旦から素振りなどもしないと」。正月も調整も重ねていく。

永井は今年10月の「樋口久子 三菱電機レディス」でツアー初優勝を達成。「上出来だと思います」と今年を振り返った。ただし、同大会は悪天候により最終日が中止となったため、この勝利は2日間の短期決戦を制して得たもの。来季は「3日間や4日間で勝つことを目標に頑張りたいです」と話していた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>