21日(木)、都内のホテルにて日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)の懇親パーティが都内のホテルで行われ、今季の賞金王・宮里優作選手会長らが出席した。

【関連】地元・沖縄でV!喜びのカチャーシー
宮里は先週に行われたアジアンツアーの最終戦「インドネシアン・マスターズ」を4位でフィニッシュ。この結果、年末に発表される世界ランキングで50位内に入り、来年の4月に開催される海外メジャー「マスターズ」に初出場する見込みとなった。インドネシアでも同ツアーの関係者から祝福されたが、「こればかりは招待状が届かないと喜べないですよね」と苦笑した。

一方、宮里が世界ランク50位内に入ることで、現在同49位の小平智が圏外にはじき出されることになる。宮里は今季国内最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で優勝し、小平を逆転して賞金王に輝いた。「(小平)智の天敵になってしまいましたね。結婚式に行きにくい…。(祝儀を)大目にいかないと」。今週末は小平と古閑美保夫人の結婚披露宴に出席する予定だが、少し顔を会わせづらいと複雑な表情を見せた。

しかし、来年3月末時点で世界ランク50位以内に入ればマスターズ出場は可能。「自分もまだ決まったわけじゃないけど、まだチャンスはある。日本の選手が多くマスターズに出たほうがいい」と小平と共に夢舞台に出ることを希望していた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>