15日(金)、千葉県内のゴルフ場にて株式会社JOINTONE主催のゴルフコンペが行われ、同社とマネジメント契約を結ぶ井上沙紀が参加。今季の振り返り、そして来季への意気込みを語った。

【関連写真】あどけない笑顔が魅力 井上沙紀フォトギャラリー
今季QTランキング41位の資格でレギュラーツアー27試合に出場した井上だが、予選突破はわずかに2度。「ゴルフ5レディス」の38位が最高位と苦しい1年となった。

そんなシーズンを振り返り、出てくる言葉は「苦しかった」の一言。「開幕からずっと調子が上がらなくて、そのままシーズンが終わってしまいました。その中で毎週結果として自分の成績が出る。それを見た周りの方々はどうして、と気になる。でも自分の中では手を抜いているわけではないし…きつかったですね」と心情を吐露した。

振り返ってみて感じるのは気持ち的に負けていた部分があったこと。「最近プロアマだったり練習だったりでプレーしてて感じるのは“自分がいける”と思って、盛り上げていけばそういう風になっていく。気持ちがそうなるとイメージも良くなるんですよね。今季は“成績のために”ってなり過ぎていたかもしれません。そうやって気持ちもどんどん落ちていっていました。来年からは楽しむじゃないですが、自分が攻撃的じゃないとダメかなと」。今シーズンはスコア以前にメンタル面で負けていた。

今年のQTはサードで敗退。150位前後と見られ、来季はステップ・アップ・ツアーが主戦場となる。「ステップ1勝と言わず勝ちたいです。レギュラーで推薦もらえたら、リランキングを目指して頑張っていきたいです」。今年の苦しかった経験を活かして。強くなってレギュラーの舞台へ戻ることを誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>