14日(木)、新宿区にある小田急ハルクにて藤田光里がウェア契約を結ぶキャロウェイアパレルのイベントに参加。平日にもかかわらず集まった多くのファンと交流した。

【関連写真】昨年のイベント模様からドレス姿まで!藤田光里フォトギャラリー
この日のイベント内容は、藤田がファンにコーディネートするというもの。「人によって似合う服が違う」と真剣に服を選んだ。「服を選ぶのは好きなので楽しかったです。また距離が近いし試合会場とは違ってのほほんとした雰囲気なので、ファンの方と色々お話しできました」とつかの間の触れ合いを楽しんだ様子。

藤田は先のファイナルQTで66位に終わり、来季の出場権獲得はならなかった。来年は左手首からヒジにかけての怪我『肘部管症候群』の回復を最優先とする。「しっかりと治すことが一番大事だと思っています。年内にもう一度、別の病院に行って意見を聞いてどうするか判断したい。手術するのか、しないのか。私としては内視鏡でできるならしたいと考えています。あとはちゃんとプレーできるようになるまでに、どのくらいかかるのか。それを踏まえて決めたいと思っています。もし時間がかかるならばQTを目標に、試合感を養うために秋口にステップに出るということも考えています」

険しい道となるが本人はいたって前向き。「今年は成績的には良くなかったですが、今までで一番ゴルフと向き合えて楽しかった1年。体を良くして、できれば来年の開幕戦から出られるように頑張りたいです」と来シーズンを見据えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>