今季からヤマハゴルフにクラブ契約が変わった有村智恵。賞金ランクは58位とシード権は逃したがファイナルQTで8位と上位に入り来季の出場権を確保。12日(火)に行われた同社のイベント『Yamaha GOLF Fan Summit 2017』の会場で今季を振り返った。

総数400枚以上!有村智恵の特選フォトギャラリー
まず有村の口をついたのは「新しい1年だったのですが、結果という形で恩返しができなかったのは自分の中で残念でした」という悔しさ。2013年から米国を主戦場としてきたが、昨年に国内ツアーに復帰。5季ぶりとなる優勝をヤマハのクラブでと意気込んだが、トップ10フィニッシュは1回のみと思うような成績を残すことができなかった。

こうして契約メーカーのイベントに出ると「たくさん暖かいサポートをいただいて。契約を変えるのは初めてだったので、すごくヤマハさんの力を感じた1年でした」と感謝の思いに身が引き締まるという。このオフに目指すのはまず、「お尻を大きくすることです。下半身を重点的に鍛えたいと考えています」と強靭な下半身を手にいれること。安定感とパワーをつけることを目下の目標にするという。

「来年は期待に応えられるように。CMでも言っているように“インプレス(※クラブ名)で復活”できるようにしたい」と力強く話した有村。ツアー通算13勝の実力者、クラブ契約を変えて2年目の18年シーズンは14度目の栄冠を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>