PGAアンチ・ドーピング規定違反 豪州の46歳に1年間の出場停止処分

12月11日にPGAツアーが「(協会の)アンチ・ドーピング規定に伴うドラッグテストのサンプル提出を怠ったとし、プロゴルファーのマーク・ヘンスビー(オーストラリア)に1年の出場停止を言いわたした」と発表した。

【関連動画】無謀運転、睡眠障害… タイガー・ウッズ復帰までの9か月間
46歳のヘンスビーは2004年の「ジョン・ディア・クラシック」で優勝。2005年の「マスターズ」で5位、「全米オープン」で3位に入っている。2016-2017シーズンは主にウェブドットコムツアーに参戦し、PGAツアーは出場した2試合とも予選落ちとなっている。

ヘンスビーは2018年10月26日に停止処分が解除される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>