報知新聞社が制定する『2017報知プロスポーツ大賞』の表彰式に、ドレスアップした鈴木愛が登場。自身初の同賞受賞に「めったに選ばれることではないので、ありがたいです。このような賞をたくさんもらえるよう、また頑張りたいです」と笑顔を見せた。

【パッティング連続写真】鈴木愛の匠のパッティング
5月の「ほけんの窓口レディース」、6月の「アース・モンダミンカップ」で今季2勝を挙げ、4年ぶりの日本勢賞金女王に輝いた鈴木だが、「もう少し勝ちたかったです。あと1回くらい」と更なる高みに向けて貪欲な姿勢を見せた。

黒のドレスを身にまとった鈴木は、「今日はメイクさんにやってもらったので、化粧もバッチリです」とプレー中とはまた違ったきらびやかな姿を披露。特別賞を受賞した陸上の桐生祥秀とは、「年も1つしか違わないので、色々な話ができて刺激になりました」。トレーニングについて話が弾むなど、年の近い選手との会話を楽しんだ。

「もし次に機会を頂けたら、バレーボールの石川祐希さんに会いたいです。好きなので(笑)」と2年連続受賞へ意欲を見せた鈴木。「来季は、シーズン3勝を目指したいです。賞金女王としてプレッシャーもあると思いますが、上位を目指して頑張っていきたいと思います」と力強い眼差しを見せた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>