11日(月)、静岡県にある名門・川奈ホテルゴルフコースでTSIグルーヴアンドスポーツが主催する『PEARLY GATES ENJOY CUP 2017(パーリーゲイツ エンジョイカップ)』が開催され、契約プロの芹澤信雄や藤田寛之、池田勇太、上田桃子や木戸愛らがファンとの交流を楽しんだ。

【スイング連続写真】アドレスを見れば打つ球が分かる!上田桃子の構えへのこだわり
上田はこのイベントに参加するのが「12回目。このイベントに来ると年末だと感じます。他のプロもいらっしゃるので気も引き締まりますし、ここに来るのに恥ずかしくないプレーをと1年間考えています」。顔見知りの参加者も多く、気が引き締まる反面、リラックスできる場でもあるという。

今シーズンの賞金ランクは6位。3季ぶりの複数回優勝も達成したが、上田にとっては「悪かったことも、良かったこともあった1年」だという。勝ち星を重ねたことは嬉しいが、年間トップ10フィニッシュが16回とツアー1位を記録したにもかかわらず、「2回しか勝てなかった」という悔しさがある。

来年への強化ポイントは、1.8085で18位に終わった平均パット数の改善。「この数字でよくあの順位で終われたと思う(笑)。このオフはショートゲームの練習に時間を使いたい」。1月中旬からのハワイ合宿で来季を始動させる予定となっている。

「来年の目標はまだ決めていません。まだゆっくりはできないですが、体をゆっくり休めたいです」。12月中はこうしたイベントなどで1年の感謝の気持ちをスポンサーに届ける。年明けの1月からは小技を磨き、3月の開幕に備えていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>