<Hitachi 3Tours Championship 2017 ◇10日◇グリッサンドゴルフクラブ(JGTO3,658ヤード・パー37、PGA3,496ヤード、パー37、LPGA3,206ヤード、パー37)>

国内男子・女子・シニアツアーのトッププロからそれぞれ6人が集まり、名誉とプライドをかけて戦うツアー対抗戦「日立3ツアーズ選手権」が終了。同大会は2人1組によるダブルス戦で、第1ステージのベストボール方式(それぞれのボールを打っていいほうのスコアで競う)、第2ステージのオルタネート方式(1つのボールを交互に打ってスコアを競う)で行われ、各ペアのスコアをポイント換算して優勝を競う。

【関連】JGTOチームが歓喜の胴上げ
今季は宮里優作、片山晋呉、小平智、池田勇太、今平周吾、H・W・リュー(韓国)からなる男子ツアーが大会連覇を達成し、「最強ツアー」の称号を手に入れた。

昨年に引き続き2回目の参戦となる今季賞金王・宮里優作は「嬉しいです。ほっとしています。チームワークもよく、みんな頑張ってくれたのでよかったです」と息を吐いた。国内男子ツアー最終戦「日本シリーズJTカップ」で優勝し、逆転賞金王の座を勝ち取るなど怒涛の1年となった今季を白星で締めくくった。

宮里とペアで戦った大会初登場のリューは、「宮里さんのゴルフを見て勉強になりました。自分のコンディションは良くなかったけど、チームに貢献できればと思ってプレーしました」と安どの表情。

チーム最年長の片山晋呉は「去年は智と組んですごく自分勝手にやられて勝ち、今年は勇太とチームワークが良くて勝ち、僕はどっちもいけるなと思いました(笑)」。昨年は片山・小平ペアで戦い、男子ツアーの優勝に貢献。池田と組んだ今年は、第1ステージを片山が2バーディ、池田が3バーディを奪い、トータル5アンダーで終えてシニア、女子ツアーを圧倒。第2ステージではイーグルを奪うなど活躍を見せた。

一方の池田も「男子が勝たないと始まらない。個人的には晋呉さんと久しぶりに組んで、いいゴルフがお互いにできた。やっぱりこのコンビは永久に不滅だな、と思いました」と愛称の良さは抜群。

2013年、昨年に加え、今年3度目のMVPに輝いた小平は「チームが勝ったことと、MVPが獲れたことが無茶苦茶嬉しくて。昔から知っている周吾とも、仲良くプレーできました」と喜びをあらわにした。

その小平とペアを組んで第1、2ステージを勝ち抜いた今平は、同大会に初参戦。「最初は緊張したんですけど、小平さんがいい雰囲気にしてくれたので、回りやすくいいプレーができました。ありがとうございました」とメンバー最後のコメントを締めくくった。

また、昨年大会では日本ゴルフツアー機構の青木功会長からの「俺を胴上げしてくれ!」という念願を叶え、選手みんなで胴上げ。今年も宙に舞った青木会長は、「こんなに団結心が強いと思わなかった。ここにいるメンバーがゴルフ界を引っ張っていってくれて、あとは付いていくだけになると思う」とツアーを支える心強い面々に賞賛を送った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>