石川遼は10日(日)、自身が主催する『ファーストゴルフフェスティバル』に参加。その後の記者会見で、自身の来季のスケジュールについて話した。

ジュニアゴルファーに語りかける石川
石川は「シンガポールとミャンマーは出たいと思っている」と1月18日(木)から開催される国内男子ツアー開幕戦「SMBCシンガポールオープン」と次週の「レオパレス21ミャンマーオープン」に出場する可能性が高いことを明かした。この2試合は「セットで考えている」と、出場となればどちらか1試合ではなく両方でるという。

現在、スイング改造に取り組んでいる石川。11月の「カシオワールドオープン」後も引き続き調整を続けており、シンガポールには「間に合うように練習していきたい。カシオよりは振れるようになってきて、今は次の課題に取り組んでいる」。4月の国内開幕戦までにスイングを完成させるのが目標だという石川。1月のアジアの2試合で、新スイングの進捗状況を確認するのが狙いのようだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>