ゴルフを経験したことのない子供たちや、大人を対象にゴルフを手軽に楽しく体験できるイベントとして昨年よりスタートした『石川遼ファーストゴルフフェスティバル』。その第2回が10日(日)、神奈川県にある横浜カントリークラブで行われた。

3ツアーズでは小平夫妻がMVP!
この日は39名のジュニアゴルファーが参加。今回は試合を経験してもらおうと、4ホールのストロークプレー形式の競技で行われた。石川としては彼らに「次に試合に出やすくなるように」、この形式を採用。1組に1名アドバイザーが帯同。スタート前の確認事項から試合中のルール&エチケット、アテストまで適宜アドバイスを送った。

石川がジュニアたちに話したのは、自分のスコアよりも「一緒にまわっている人たちが楽しんでいるかを気にしてほしい」ということ。スコアの良し悪しと、“良いゴルファーかどうか”は別。特に試合では自分のプレーだけでなく、自分がマーカーをする選手のプレーを見ることも重要となる。試合を通して、ジュニアたちに同伴競技者たちからも愛されるプレーヤーになるよう熱弁をふるっていた。

デモンストレーションでは高低を打ち分けたり、左右に曲がるショットや、タバコの箱をティがわりにして打つなど妙技でジュニアたちを魅了した石川。自身もジュニア時代にプロゴルファーの技を目の当たりにして、大きな衝撃を受けたという。ただ、石川が子供の時に見たプロはタバコ箱をショットでバラバラにしてしまったという。なお、そのプロの名前は残念ながら「言えないです(笑)その方から許可がもらえれば…かなり有名な方ですよ」とのこと。

ジュニアたちには忘れられない1日になったであろう、この日のイベント。石川にとっても、子供たちとの交流はプレーへの良い刺激となった様子だった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>