<Hitachi 3Tours Championship 2017 ◇10日◇グリッサンドゴルフクラブ(JGTO3,658ヤード・パー37、PGA3,496ヤード、パー37、LPGA3,206ヤード、パー37)>

国内の男子・女子・シニアツアーのトッププロがペアを組み“最強ツアー”を決める団体戦「Hitachi 3Tours Championship」。同大会では、各チーム6人で2人1組のペアを作り、第1ステージのベストボール方式(それぞれのボールを打っていいほうのスコアで競う)、第2ステージのオルタネート方式(1つのボールを交互に打ってスコアを競う)での獲得ポイントにより頂点が争われた。

【関連】娘の大活躍に…父・良兼は何を思う
今年も各チームの強豪選手が顔を揃える中、国内男子ツアー6勝を誇る川岸良兼の娘、川岸史果が同大会に初参戦。女子ツアー賞金ランク2位のイ・ミニョン(韓国)とペアとなり、男子ツアー賞金ランク4位の池田勇太、シニアツアーで4度賞金王に輝いた室田淳などを相手に第1、第2ラウンドを戦った。

男子ツアーが3アンダー、シニアツアーが1オーバーでフィニッシュした第2ステージでは、川岸&ミニョンペアが4アンダーをマークして勝利。父・良兼と同じ土俵に立つ室田からは、「“お父さんよりいい球打つね”って言ってもらいました(笑)」と、お褒めの言葉をもらった。

結果的に女子ツアーは3位に終わったが、初めての大会に「普段回ることのない男子やシニアの方と回ることができて、楽しかったです。シニアの方は、私たち女子ツアーを応援してくれましたし(笑)」と笑顔を見せた。

実はこの日、良兼はテレビ放送のラウンド解説者として会場に。「解説をやりづらいって話していたみたいです(笑)。私は目に入りましたけど、意識しないようにしていました」と、父の目を気にせずのびのびとプレーできたようだ。

今季ルーキーイヤーながら、9月の「マンシングウェアレディース東海クラシック」でツアー初優勝を挙げ、賞金ランク7位に入るなど活躍を見せた川岸。1年を振り返り、「優勝もできたし、充実した1年を送ることができました」と満足そうな表情でうなずいた。

オフの1月は、アメリカでのゴルフ合宿を予定するなど成長への意欲はつきない。“怪物”と呼ばれた父・良兼を超える日も、そう遠くないかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>