<Hitachi 3Tours Championship 2017 ◇10日◇グリッサンドゴルフクラブ(JGTO3,658ヤード・パー37、PGA3,496ヤード、パー37、LPGA3,206ヤード、パー37)>

10日(日)、国内3ツアー(男子・女子・シニア)による団体戦「Hitachi 3Tours Championship」が行われ、各チームのスタープレーヤー6名ずつがチームを組み「最強ツアー」の称号をかけて激突。今年は昨年大会に続き、国内男子チームが大会連覇を果たし、小平智が自身3度目のMVPを獲得した。

【関連】小平智と古閑美保のアツアツぶり
同大会3回目の出場となる小平は、古閑美保夫人をキャディに起用。美保夫人たっての希望で、初の夫婦タッグを披露した。

「祭りなので、楽しくできました。普通の試合だったらケンカになってるだろうけど(笑)」と小平。美保夫人を気遣って、この日はキャディバッグを軽くしてペットボトルも2人で兼用。「ボールも3球にしてもらって(笑)。人生初のキャディ、すごく楽しかったです!」と美保夫人も笑顔を見せた。

2008年には賞金女王も経験した美保夫人だが、肝心のサポートはというと「ラインは1個も読んでないかな。風くらいは言いましたけど」。そう美保夫人が話せば、「間違ってたじゃん(笑)」と小平が返すなど息ピッタリの夫婦漫才を披露。

プレー中、小平が約13メートルのロングパットを決めた場面では美保夫人が思わずガッツポーズ。「楽しかったです!やっぱり感情が入るので、決まったときはすごく嬉しかった」と、自分のことのように喜んだ。

しかし、1日キャディを終えての感想は「自分がプレーする方がいいかな(笑)。彼が相手だからできたけど、キャディは向いていないと思います」。隣の小平を見て微笑んだ。

今季の目標として、世界ランク50位以内に入り、海外メジャー「マスターズ」への出場を挙げていた小平。3日時点の世界ランクは49位と、オーガスタ行きを目前に捉えた。出場を検討している14日開幕のアジアンツアー「インドネシアンマスターズ」については、「現地に行って様子を見てから決める予定」と明かした。

小平は明日11日、現地へ赴く予定だが美保夫人は日本に留まる。「結婚式の準備で忙しいので、それは私に任せて!」と頼もしい妻の姿に、思わず小平も「かっこいい!」。今月に挙式を控えた2人。夫婦初タッグで、ますます愛情を深めたようだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>