10日(日)に自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、男子プロゴルファーの中村通が兵庫県警宝塚署に逮捕されたことについて、日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘が言及した。

【関連動画】タイガー・ウッズが罪を認める 保護観察処分に
倉本は「我々も報道以外の詳しい状況はまだ掴めていないが、色々な人の話を聞く限りほぼ間違いないと思う。長年一緒にやってきて、そんな事をする人ではない、何かの間違いであればいいなと思った。事実確認をして、今後、警察・検察などの対応を待ちたい」とコメントした。

中村容疑者は午後6時15分ごろに宝塚市内の県道で乗用車を運転中、反対車線沿いにある温浴施設に入ろうと右折したところ、男子大学生(25)が乗る自転車に接触。軽いけがを負わせ、そのまま逃走した。

被害に逢った男子大学生が110番し、兵庫県警が同施設の防犯カメラに写っていた乗用車を調査。順次車の所有者を調査していき、中村容疑者が容疑を認めた。

中村容疑者は同年代の山本善隆らとともに「関西ゴルフ四天王」として呼ばれ、ツアー通算20勝と活躍。80年には「マスターズ」にも出場した。国内シニアツアーでは通算3勝。今年は15試合に出場し、シニア賞金ランキング60位でシーズンを終えていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>