9日(土)、ヴィクトリアゴルフ新宿店にて香妻琴乃がゼクシオテンの発売イベントに出席。来季への意気込みを語った。

【関連写真】貴重なセクシー私服姿も!香妻琴乃フォトギャラリー
気温10度と寒い中、店の前での開催だったが、100人近い多くのギャラリーが詰めかけた。早速、新発売のドライバーの性能をアピール。「私も使っていますが、前回よりもつかまりが良くなって、ギャラリーの方からも“飛距離伸びたね”と言われるほど目に見えて飛ぶようになりました。そして球が重くなって風にも強くなりましたね。“ちょっと当たりが薄かったかな?”という時でもしっかり飛びます。アマチュアの方は楽に振れてつかまりが良いクラブが向いてると思います。是非!」と集まったファンに購入を呼び掛けた。

香妻は今年のサードQTで1打足らず敗退。来季はQTランクでのレギュラーツアー出場は限りなく厳しい状況にある。「1打でファイナルにいけなかったのは今年の後半戦のゴルフがそこにつながってしまったのかなと思っています。終盤に向けて調子を上げていくことができなかった。もっと安定したゴルフができていれば…」。だが、続けて「気持ちはもう切り替えています」と前を向いた。

そんな来季はステップ・アップ・ツアーを主戦場として賞金ランク1位となり来季の前半戦の出場権を獲得を目指していくのと並行して、前半戦は主催者推薦でレギュラーツアーに出場しそこで賞金を加算、リランキングで後半戦の出場権を得るという両にらみで臨む構え。「前半戦はレギュラーとステップが半々くらいになると思います。もしステップのある週のレギュラーの推薦を頂けたらそちらを優先しようと思っています」とプランを口にした。

「出場権の関係で試合がない週もできると思いますが、去年まで1年間出ずっぱりでできていなかったこと、例えばトレーニングとか調整とかですね。そういった辺りに充てたい。時間を上手く使って戦っていきたいと思います」。限定的な出場もポジティブに捉えてシード復帰を目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>