<LPGA新人戦 加賀電子カップ 事前情報◇6日◇グレートアイランド倶楽部(6,526ヤード・パー72)>
今年のプロテスト合格者22人による「LPGA新人戦 加賀電子カップ」が、千葉県のグレートアイランド倶楽部にて7日(木)より開幕する。

【関連写真】これが黄金世代だ!2017年プロテスト合格者フォトギャラリー
今年のプロテストを19位タイで合格、先週のファイナルQTをルーキー2番手の9位で通過した小祝さくらは「プロテストがすごく長かったです。終わったら今度はQTがあったので、気が抜けませんでした。意外とあっという間に1年終わっちゃいましたね」とのんびりとした調子で今年を振り返る。

落ち着いた受け答えが印象的な小祝だが、それは試合でも発揮されている。プロテスト初日に5オーバーを叩いて86位タイと出遅れたが、残り3日でトータル2アンダーまで伸ばして19位タイに浮上し、合格ラインに食い込んだ。先週のファイナルQTでは、初日に2オーバーの61位タイでのスタートとなったが、ここでもしっかり持ち直して9位で来季の前半戦の出場権を獲得する。

「初日に叩いても、残り3日あれば切り替えしがつきます。気持ち的にも“まだある!”と思っていたので、初日のスコアは気にせずやっていました。もともと、あまり深く考えないタイプなので(笑)」と、結果に気持ちを左右されない強さを見せた。

「QTは何とか通過することができましたが、来年にむけて課題も沢山残ったので、それを考えるとすでに気が重いです…(笑)でも、出場できる前半で良いスタートを切って、(リランキング後の)後半戦にも出られるよう頑張りたいです」。柔らかい雰囲気の合間に、来季に向けての静かな闘志を覗かせた。


<ゴルフ情報ALBA.Net>