<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇3日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>

国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は宮里優作の今季4勝目で幕を閉じた。この結果、小平智を賞金ランキングで逆転し、37歳にして初の賞金王を戴冠。過去に5度の賞金王に輝いたJGTO会長・青木功が、プロ15年目でつかんだ栄誉に惜しみない賛辞を贈った。

【関連】青木&ジャンボ尾崎 レジェンド2人がガッチリ握手
宮里は3日目とこの日はノーボギーでラウンド。「これはたいしたもんだよ。選手会長とか賞金王とか、プレッシャーがある中でやれたのは本人にとって凄く大きな財産だと思う」と重圧をはね退けて勝った宮里を賞賛。また、「パッティングが良い。心技体が充実している時は決め打ちができる。負けた悔しさとかを全部積み重ねてきて、切り替えとか決めたところに打って、ダメならダメという割り切り方がここ2〜3年できている。迷いを自分で断ち切れている」と宮里のパッティングとメンタルの強さを絶賛した。

青木が今後宮里に期待するのは「今までの悔しい思いをあと2〜3年のうちにどれだけぶつけられるか。勝って“自分についてこい”と下を引っ張っていって欲しいな。選手会長として頑張ったし、会長じゃなくなっても頑張ること」。これからはさらにプレーで若い選手たちを大いに刺激して欲しいと語っていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>