<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇3日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>

国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の最終ラウンド。全選手が前半の競技を終え、7アンダー首位タイから出た宮里優作は、4バーディ・1イーグルでスコアを6つ伸ばし、トータル13アンダーでトップを独走している。

【関連】涙ぐみながら想いを語る宮里優作
6打差2位にH・W・リュー(韓国)、7打差3位タイに稲森佑貴、スンス・ハン(米国)、ショーン・ノリス(南アフリカ)が追走。また、賞金ランク首位の小平智は15ホールを消化し、トータル5オーバー22位タイとしている。

今大会で宮里が優勝を果たせば、小平の順位にかかわらず、自身初の賞金王戴冠となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>