勇気ある1打で、難関18番パー3のギャラリーを沸かせた。2日間の平均ストロークは3.407で難易度ナンバーワン。宮里優作がダブルボギーをたたくなど多くのプレーヤーを苦しめるホールに対し、稲森佑貴がチップインバーディを奪った。

【関連】男子ツアーの顔が大集合!
初日にバーディをとったのは池田勇太だけだったが、この日は稲森のみ。グリーン右からピンまで約20ヤード、56度のウェッジで打ったボールがカップに吸い込まれた。「手前にマウンドがあったので、ショートすると戻ってしまう。絶対にそうならないように」。奥に行ってもいいと思いきって打ったアプローチが、値千金のバーディ締めを呼び込んだ。

ボールを拾い上げると、それをギャラリーに投げ込んだ稲森。気がつくとそうしていたそうで、「勝手にボールを投げていました。これはプレゼントしたいなと」。受け取ったギャラリーには忘れられない思い出となったことだろう。

このバーディもあり、初日の8位タイからトータル3アンダーの2位タイにランクアップ。「本当に入るとは思っていませんでした。神様がくれたチャンス、あと2日ありますが自分のゴルフをしたい」と笑顔で話した。18番でのチップインというと、この大会で初優勝を挙げた2013年の宮里優作や、昨年のパク・サンヒョン(韓国)が思い出される。2人は最終日、稲森は2日目だがこれは吉兆か。「そういうジンクスになればいいなあ」と笑った稲森。最後のバーディを明日のプレーの弾みにして、悲願の初優勝を狙いにいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>