茨城県のセントラルゴルフクラブで11月30日(木)から6日間の日程で開催される、来季の国内男子レギュラーツアー出場権をかけたファイナルQT。初日の競技を終えて、21歳の鍋谷太一が6アンダー・首位発進となった。

国内男子ツアー最終戦「JTカップ」開会式の写真はこちら!
5アンダー・2位タイには中島徹と富村真治、4アンダー・4位タイには、徳永圭太、藤井伸一、權五相、狩俣昇平、平本穏がつけている。

注目選手では、深堀圭一郎が2アンダー・15位タイ、伊澤利光と星野英正が1アンダー・33位タイと上々の滑り出しを見せている。

男子ファイナルQTは11月30日(木)から12月3日(日)の4日間は、セントラルゴルフクラブ 東コース・西コースの2会場で予選ラウンドを開催。12月4日(月)〜5日(火)の2日間でセントラルゴルフクラブ 西コースにて決勝ラウンドが行われる。

【男子ファイナルQT1R順位】
1位:鍋谷太一(-6)
2位T:中島徹(-5)
2位T:富村真治(-5)
4位T:徳永圭太(-4)
4位T:藤井伸一(-4)
4位T:權五相(-4)
4位T:狩俣昇平(-4)
4位T:平本穏(-4)
9位T:木下稜介(-3)ら6名

<ゴルフ情報ALBA.Net>