<カシオワールドオープン 最終日◇26日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

高知県のKochi黒潮カントリークラブを舞台に行われている国内男子ツアー「カシオワールドオープン」。全選手が最終ラウンドの競技を終え、トータル13アンダーのスンス・ハン(米国)がツアー初優勝を決めた。

【関連】石川遼と松山英樹 スタート前のひと時
この日をトータル7アンダー4位タイから出たハンは、7バーディ・1ボギーの“66”をマーク。スコアを6つ伸ばしす猛チャージを見せて優勝を手にした。

1打差2位タイには今季初のベスト3入りを果たした石川遼、時松隆光、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、キム・キョンテ(韓国)の4人が、首位と2打差の6位には谷口徹が入った。

賞金ランキング首位の小平智、同2位の宮里優作はトータル8アンダー8位タイに、同ランク4位の池田勇太はトータル5アンダー21位タイで終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>