<カシオワールドオープン 3日目◇25日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

この3日間、一緒にラウンドしてきた賞金ランク首位の小平智と宮里優作。この日は宮里が7バーディ・1ボギーの“66”とチャージをかけトータル4アンダー21位タイに順位を上げた。小平はトータル2アンダー29位タイで最終日を迎える。

宮里“フトシ”って誰だ!?チャリティオークションを盛り上げたのはあの兄弟
「今日は体が動いてくれて、昨日より動いてくれましたね。パッティングも引き続き良い」と快調にスコアを伸ばした宮里。この日はインコースからスタート、終盤の8番で唯一のボギーを叩いたことについては「悔しいですね」と唇を噛んだ。

現在の順位で試算すると宮里は220万円、小平は約130万円を獲得する。現在の賞金の差は約1700万円、最終戦を前にその差を1円でも減らしたいところだが、このままでは僅か90万円しか差を縮めるこのととしかできない。

1打が大きくものをいう最終日。「今日みたいなミスはしてられないですね。大胆かつ冷静にやりたいと思います」と力強く語った宮里。賞金王レースも佳境、逆転を目指す者たちは正念場だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>