<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇25日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>

激しい賞金女王争いが繰り広げられている国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」。全選手が第3ラウンドを終えて、今季4勝目を狙うテレサ・ルー(台湾)がトータル13アンダーの単独首位をキープしている。

【関連】女子プロ頂上決戦の模様を宮崎より配信!激戦をチェックしよう
2打差の2位には、逆転での賞金女王のために優勝が絶対条件の賞金ランキング3位のイ・ミニョン(韓国)。6打差の3位タイには成田美寿々と申ジエ(韓国)の2人が続いている。

賞金ランキング1位の鈴木愛は、この日2つスコアを伸ばしトータル2アンダーの13位タイ。同ランク2位のキム・ハヌル(韓国)は前半3つボギーを先行させるも、その後4つのバーディを奪い、鈴木と同じ13位タイでホールアウト。鈴木、ハヌル、ミニョンの賞金女王争いは最後まで目が離せない状況となっている。

※賞金女王の決定条件
・鈴木愛は単独6位以内に入れば、他選手の順位に影響されることなく賞金女王が確定。
・キム・ハヌルは優勝が絶対条件。加えて、鈴木が2人以上の6位タイ以下。
・イ・ミニョンは優勝が絶対条件。加えて、鈴木が単独15位以下。

<ゴルフ情報ALBA.Net>