<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇25日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>

国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の第3ラウンドがスタート。賞金ランク1位の鈴木愛が、1番をティオフした。

【関連】女子プロ頂上決戦の模様を現地より生配信!
単独6位以内に入れば、他選手の順位に影響されることなく賞金女王が確定する鈴木。スタートホールの1番(パー4)をパーとして、トータルイーブンパー・11位タイからの巻き返しを狙う。同じ組のキム・ヘリム(韓国)もパーで2番ホールに進んでいる。

2日目を終えてトータル8アンダーの単独首位に立ったテレサ・ルー(台湾)は、2打差2位のイ・ミニョン(韓国)と午前10時37分に1番(パー4)をスタート。賞金ランク2位のキム・ハヌル(韓国)は午前10時5分に川岸史果とのラウンドに望む。

このあとの主な選手のスタート時間は下記の通り。

【この後の主要組のスタート時間】※全て1番スタート
10時05分:キム・ハヌル、川岸史果
10時13分:李知姫、上田桃子
10時21分:成田美寿々、申ジエ
10時29分:穴井詩、笠りつ子
10時37分:イ・ミニョン、テレサ・ルー

<ゴルフ情報ALBA.Net>