<カシオワールドオープン 2日目◇24日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

安定感が増したショットで、難なく予選を突破した。初日52位タイと出遅れた石川遼は、この日3バーディ・1ボギーの“70”でラウンド。スコアを2つ伸ばし、トータルイーブンパー38位タイで2週連続予選を突破した。

【関連】石川遼と松山英樹 スタート前のひと時
初日のパーオン率は72.22%。全体の13位タイと安定していたが、この日は83.33%で5位。初日ほど風が舞わないコンディションで、アイアンショットの安定感を2日間通して維持した。「先週も尻上がりに良くなってきている感触があったけど。今週もそれができていますし、より良くなってきている感触がある」。ショットに関してはさらに自信を深めることができた。

2日間続けてパッティングが決まればさらに伸びそうなプレー内容。この日は最終18番パー5をバーディで締め、「最後のパッティングは良くなっているなというところがあった。そこを練習して確認したい」と、最後にいい感触をつかむことができたという。

先週の「ダンロップフェニックス」からスタート前の練習でパットの時間を増やしたという石川。それまでの5試合は5番アイアンとドライバーがメインで打ち込んできたが、ショットが安定したことで、ショートゲームに割ける時間も徐々に増えてきた。

この日は最後の一人になるまで、辺りが暗くなり、月が空に見えるまでパッティンググリーンでボールを打ち続けた。プレーの噛み合わせがよくなれば、ビッグスコアも見えてくる。この大会は所属先のカシオが主催、ホストプロとして大会を盛り上げるためにも、明日のムービングデーはさらに順位を上げて行きたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>