<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2日目◇24日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>

2013年の森田理香子以来となる日本人選手の女王戴冠が期待される鈴木愛。注目の2日目は1アンダー7位タイの上位からスタートしたが、パーでしのぎ続けるガマンのゴルフに終始し、スコアを伸ばすことができず。ノーバーディ・1ボギーの1オーバーで、2日間トータルはイーブンパーの11位タイという結果に終わった。

【関連】白熱の女王レース 珠玉の女子プロLIVEフォト
クラブハウスに戻った鈴木に記者が「ストレスのたまる一日でしたね」と声をかけると、はあーと深いため息をついた。そして数秒の沈黙の後「そうですね」と小さな声でつぶやいた。表情は、まったくさえなかった。

「いいパットはあったけど、あまり関係ないと思う。ずっとため息をつくか、イライラしていました。バーディのチャンスがあれば、スパイクマークがあるし。フォローで計算してティショットを打ったのに、グリーンに上がったら風はアゲインストだし。気分の悪い一日ではありました。とにかくバーディが欲しかった。今日は本当にいいプレーができなかった。それがストレスでした」

大会前日の会見では「期待してもらっている。賞金女王は取りたいと思っている。ショットの調子はいい。パターがもっと入ってくれれば」と話していた鈴木。周囲だけではない、本人も賞金女王を狙っている。その重圧がかかっての足踏み、そして苛立ちなのか、と思うかもしれないが、それは少し違うようだ。

確かにプレッシャーはあるはずだ。だがそれ以上に、いいショットを打ってもピンにつかない、いいストロークをしてもカップに嫌われる。そんなアンラッキーが続けば、当然フラストレーションがたまる。そして、普段は感じないであろう自分のふがいなさばかりが目につく。そのもどかしい思いが、ため息となって表れている。

現段階で賞金女王の可能性は、賞金ランキング1位から4位の4人までに絞られている。それぞれ女王戴冠の条件をおさらいしておこう。

賞金ランキング1位の鈴木は本大会で単独6位以上に入れば、自力で賞金女王を勝ち取れる。同ランク2位のキム・ハヌル(韓国)は、優勝が絶対条件で鈴木が6位タイ以下。同ランク3位のイ・ミニョン(韓国)は、優勝が大前提で鈴木が単独15位以下という条件となっている。そしてもう一人、賞金ランキング4位の申ジエ(韓国)も同様に優勝が最低条件。そして、鈴木が棄権するか欠場するかなどして、賞金獲得額が0円のときに限られる。可能性は残されているものの、あまり現実的ではない。

大会2日目を終えて、ミニョンがトータル6アンダーで単独2位。ジエがトータル3アンダーで単独5位。ハヌルがトータル1アンダーで7位タイ。そして鈴木は、トータルイーブンパーで11位タイ。初日はハヌルが一歩リードしたが、この日はミニョンがリード。日替わり状態の女王レースとなっているだけに、明日は鈴木の番が回ってくるかもしれない。それだけショットもパットも、調子は悪くない。スコアにならないゴルフを愚痴ってはいても、4日間大会に強い鈴木のことだ。最後はスコアを上げてくる。明日からの3日目、そして最終日の結果に期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>